自社サーバよりもホスティングサービスへアウトソーシングしたほうが管理・運用や情報セキュリティを任せられる

セキュリティに配慮したホスティングサービス
セキュリティに配慮したホスティングサービス

情報セキュリティの面からもホスティングサービスを利用したい

ホームページ公開を自社サーバで達成することにこだわっているところもあるかもしれませんが、今や多くの企業が自社サーバではなくホスティングに頼っています。ホスティングはWEBサーバの管理・運用をホスティング会社がすべて担って、クライアントとしてホームページを公開したい企業はコンテンツの中身だけちゃんと管理しておけばいいというサービスです。WEBサーバは今はlinuxを使っていることが多く、windowsだけを使い続けてきたエンジニアには少し荷が重いところがあります。これからlinuxを勉強して、linux上で動くWEBサーバソフトであるアパッチに精通してという道順は、思ったより時間のかかることです。またOSやサーバ機能だけではなく、今は情報セキュリティに対する対応も必要になってきました。サーバを公開するということは常に外部にサーバをさらすことにもなります。不特定多数のユーザーがポート番号80という固定の番号からHTTPリクエスト信号をサーバに送り込めることになるのです。こういう状況に対して有効な情報セキュリティを施すことができなければ危険ですよね。そういうセキュリティマスターのレベルにもならないといけないのです。セキュリティマスターになるための時間も必要なのです。その時間コストのことを考えると、自社サーバでコンテンツを公開することは敷居が高い話です。

このために数名エンジニアを新規採用するコストはかけられますか。かけられない場合はホスティングサービスで、WEBサーバの管理・運用をアウトソーシングしてしまいましょう。ホスティング会社の技術をそのまま利用させてもらうのです。ホスティング会社は信頼が命ですから、当然情報セキュリティに対してもしっかり対応しています。普通は独自ドメインをとっていればホスティングなのか自社サーバなのかの区別はつかないので、それはあまり気にしなくてよさそうです。

お役立ち情報